黒酢に含まれる成分

黒酢に含まれる成分

黒酢に含まれる成分

健康食品として注目されている酢。特に黒酢は高い健康効果と美肌効果を持っていると言われています。
その効果の理由は、黒酢を構成している成分にあります。
黒酢の構成成分とはどのようなものなのかを把握し、黒酢をうまく取り入れましょう。

必須アミノ酸

黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれています。
中でも私達の体に必要な栄養素でありながら体内で十分な量を合成することが出来ず、
積極的な摂取が必要となっている必須アミノ酸が多く含まれていると言われています。
必須アミノ酸はロイシン・イソロイシン・バリン・リジン・トリプトファン・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン・ヒスチジン、
この9つで構成されています。

ビタミン群とミネラル群

黒酢に含まれる栄養素といえばアミノ酸が圧倒的に有名ですが、黒酢には実はビタミンやミネラルも含まれています。
ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンB2やパントテン酸やナイアシン、葉酸などのビタミンB群、
そして鉄分、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リンなどのミネラル群がとても豊富。
ビタミン群はダイエット、美肌に働きかけ、ミネラル群は丈夫な体を作るサポートをします。

クエン酸

黒酢に多く含まれているクエン酸は、もともと酢酸として体内へと入ります。
体内に入った時点でクエン酸へと変化し、効率的に働きませす。
摂取した糖質をエネルギーとして使われやすくするため、ダイエット効果をサポートする働きや、
冷え症を改善する働き、疲労回復効果高血圧を予防する働きなど、さまざまな健康効果をもたらしてくれます。

関連:黒酢の効果

ホーム RSS購読 サイトマップ